様々なライフスタイルに合わせて夜勤専従で働くことが可

看護師の夜勤専従とは名前の通り深夜に働くスタイルのことです。

 

体力面や家庭・育児と両立ができないなど不安もあるかもしれませんが、現在は様々なライフスタイルに合わせて夜勤専従で働くことが可能です。

 

最近では24時間の保育施設を完備した病院もあるため、お子さんがいても夜勤専従で働くことが出来ます。

 

また、出勤回数も少なくすることも出来るため夜勤の大変なイメージも変わると思います。

 

夜勤専従の場合、何と言っても収入は日勤に比べて高くなります。

 

病院により金額は違いますが、夜勤専従で働く正看護師の場合は1日1万5千円〜4万円が相場となっています。

 

夜勤専従といえば以前は派遣やアルバイトで毎回違う病院にいくことが一般的でしたが、現在は病院が夜勤専従できる人を募集していたりもします。

 

これは、患者さんの病態を把握する必要があるため病院として長期間働ける常勤の看護師を募集するからです。

 

常勤であれば、派遣やアルバイトと違い賞与や場合によっては住宅手当なども支給されますし、夜勤の回数が多いため給与も高くなります。

 

正看護師となれば夜勤をすればするほど手当ての額が高くなるなどメリットも非常に大きいです。

 

求人などをみると夜勤専従を募集している病院も多いため、現在のライフスタイルに合わせて応募するといいでしょう。