新卒は都心部の総合病院で数年後には地元の民間病院に転職と言うパターンが多いですよね。地方の民間病院は体質が古いと聞きますが、どうなんでしょうか?

同じ看護師の職場でも、都心部と地方とでは、給料についてかなりの差があるのを知ってますか?
都心部の病院の待遇は年々良くなっているようですよね。
給料だけを比べてみても、地方とは比べ物にならないくらい高給なんですよ。
基本料に大きな差があるという事は、賞与や手当にかなりの差がでてくるんです。
それに、退職金も基本給がベースになっているので、大きく違ってくるんですよね。(=Q=j
私は、看護学校を卒業した後に、地方の民間病院に就職したんです。
その病院は看護学校の付属だったので、お礼奉公として就職する事が決まっていたんですよね。
その時に、同じ病棟に配属になった看護師に色々話しを聞いたんです。

 

彼女は、都心の病院で准看護師として働きながら、正看護師の資格を取って、正看護師の資格を取った事をきっかけに、
地元のこの病院に就職したんです。
地元の病院で働く事になって、最初の給料を貰った時に、かなりショックを受けてましたね。
地元の病院で働いた給料は、都心の病院で准看護師として働いていた時に比べると、半分くらいしかなかったそうなんです。
正看護師として働いているのにですよ。
都心と地方とでは差があるとは聞いていましたけど、それほどの差があるとは、ビックリしましたよね。><
地方は物価が安い、と言う方もいるかもしれませんが、駐車場代や家賃が安いくらいというだけで、
それ以外は変わらないと思うんですよね。
地方の病院というのは、いまだに古い体質が残っているところが多いし、お局ナースが存在していたり、
イジメや派閥もあるんですよ。
やっぱり、地方の病院というのは。遅れていると思うんですよね。
全ての職場がそのような環境ではないと思いますが、待遇も劣っていて遅れていると言われても無理はないと思いますね。(=@=G